ホーム >> 診療内容 >> ホクロ治療一覧 >> ホクロ除去 <電気焼灼>

ホクロ除去 <電気焼灼>

治療方法(施術内容・治療について)

  • 外科手術の際に止血や電気メスとして使われる高周波電気治療器でホクロを除去します。

  • 高周波電流の熱を利用してホクロの表面をなでるように削りホクロの原因となる細胞を破壊します。

  • この治療は深い組織まで削ってしまうと傷跡が残るため皮膚表面の表皮から真皮の浅層までに削る深さをとどめて傷跡を残   さない事が重要です。

  • 医師の手作業による治療なので、微妙な深さでもコントロールして削ることができます。 ホクロの細胞が存在する皮膚の層に合わせてメラニン色素を目で確認しながら除去します。

  • 電気メスでホクロを除去する場合は、厚さ1㎜もない表皮を薄く削ることができる医師の技術が必要になります。

効果

ホクロの原因となる細胞が真皮の浅層までにとどまっているホクロに効果的で、ほとんど傷跡にならずにホクロを除去できます。

切開除去ができない部位にある隆起したホクロなども、医師の手作業で隆起した部位だけを取り除く事が可能です。

高周波電流の熱を利用しているためほとんど出血することはありません。

デメリット

真皮層の深い組織にホクロ細胞がある場合は1回の治療では除去できないことがあります。

深いところまであるホクロを無理をして削るとキズ跡が残り、凹んだキズ跡になることもあります。

深く削るとキズ跡が残るため、深くまでホクロ細胞があった場合は深いところのホクロ細胞は残しホクロの再発を確認してから再度治療することをお勧めします。

基本情報

施術時間

3分~  ( 除去するホクロの個数によって異なります )

麻酔・麻酔方法

表面麻酔or局所麻酔

通院日

翌日/1ヶ月後  ( 状態によります )

通院回数

1回~3回  ( 状態によります )

抜糸

ありません

入浴

シャワー  :  当日から  ( 患部はこすらない )
入浴  :  当日から  ( 患部はこすらない )

※ 術後の反応には個人差があり、状態により異なるため医師の指示によります。

洗顔・化粧

洗顔  :  当日から  ( 患部はこすらない )
化粧  :  当日から  ( 患部は避けて )
      
※ 患部が乾燥したらお化粧は可能です。

ダウンタイム

治療直後は赤みがありますが、創傷部位が乾いてくると共に
うすいピンク色になります。

表皮の再生と共にピンク色から茶色へ変化し
一時的に炎症後の色素沈着が現れる場合があります。

皮フの個人差によって経過は異なります。

注意事項

表皮を削っているため外的刺激に弱くなっています。

表皮が再生するまでは擦ったりしないように気をつけてください。

治療後の患部は通常の皮フより紫外線の影響を受けやすくなっています。
必ず日焼け止めを使用し、紫外線を避けてください。

料金を見る

よくある質問

レザーと電気焼灼の治療はどう違うのですか。

電気焼灼やCO2レーザーはホクロ細胞のメラニン色素を目で確認しながら少しずつ削る事ができますが、医師の手作業による電気焼灼に比べるとCO2レーザーは微妙な深さのコントロールはできません。技術のある医師であればどちらの方法も大きな差はありませんが、ホクロの状態に合わせて除去方法を選択したほうが良いでしょう。

鼻先に出っぱった黒いホクロがあります。切開すれば1回で取れますか。

鼻先の皮膚を切り取ると鼻の形にも影響するため通常切開では除去しません。
顔の中でも鼻先は皮脂腺が活発なところで他の部位に比べて傷アトが残りやすい場所なので電気焼灼かレーザーで除去することをおすすめします。その場合、傷アトにならないように除去すると再発する可能性があり、再手術が必要になることもあります。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ