PRP療法

治療方法(施術内容・治療について)

  • PRP療法(自己白血球含有多血小板血漿療法)はご自身の血液を用いて、血液中に含まれる血小板や白血球の特性を利用したシワや凹みを治療する最先端の若返り療法で、最近注目されている再生医療に属する再生療法です。
  • 血小板には成長因子成分が含まれており、コラーゲン生成や細胞の成長促進、傷の回復を早めるなどの働きをしています。また、白血球には成長因子の働きを安定させる役割があるといわれています。
  • PRP療法(自己白血球含有多血小板血漿療法)は採血した血液を遠心分離して血液に含まれている血小板を抽出し注入します。従来のPRP療法は持続期間が短いなどの欠点があったため、従来のPRPを進化させた方法でW-PRP+βFGF(白血球含有多血小板血漿+線維細胞増殖因子)療法が誕生しました。
  • 現在は血液から抽出した血小板を再度、遠心分離を行うことで高濃度に濃縮された血小板と白血球を抽出することができます。この濃縮された血小板と白血球を注入することでコラーゲンの生成や細胞の成長を促しシワや凹みを改善します。
  • さらには、高濃度の血小板と白血球に医薬品として認可されている細胞成長因子を加えることで人間が本来持つ自然治癒力や組織再生力を最大限に高め、若返り効果が長期的に持続されます。

wrinkle_prp.png

効果

PRP療法(自己白血球含有多血小板血漿療法)は注入後に膨らむ性質を持っているため、細かいシワよりもタルミによる凹みや深いシワなどに適し、より効果を実感することができます。

持続効果の期間は個人差がありますが、コラーゲンやヒアルロン酸などの注入治療よりも長く、約2~3年持続する場合もあります。

デメリット

注入直後に効果がわかるコラーゲン注入やヒアルロン酸注入とは異なり、PRP療法は安定した効果が見られるまでに、数週間から数ヵ月かかることがあります。即効性の効果をお求めの方にはコラーゲン注入やヒアルロン酸注入が良い場合もあります。

PRP療法はヒアルロン酸のように分解できる注射がないため、注入後は元に戻すことはできません。

注入後、膨らみ過ぎてしまった場合はステロイド注射で膨らみを縮小させることもできます。
ステロイド注射は薬剤の量や打ち方など扱う医師の技量が必要となり、薬剤自体の副作用なども考えると、何度も行うことはお勧めできません。

基本情報

施術時間

30分程度

麻酔・麻酔方法

表面麻酔or神経ブロック麻酔

通院日

カウンセリング/注入/経過観察

通院回数

2~3回

抜糸

ありません

入浴

当日からOK

洗顔・化粧

洗顔  当日から ( 注入直後はパウダーのみ、3時間経過後はフルメイク可能 )
化粧  翌日から

ダウンタイム

注入直後は腫れと針跡が少しあります。個人差はありますが、いずれも数日~1週間程度で目立たなくなります。


注意事項

注入部位のマッサージは控えてください

針跡の色素沈着を防ぐ為、必ず日焼け止めをご使用いただき、紫外線を防止してください。

処方された薬は指示通りに服用してください。

料金を見る

よくある質問

どのような症状に効果がありますか

PRP療法は膨らむ特徴があるため細かいシワよりもタルミによってできる、ほうれい線・口角・ゴルゴラインなどの凸凹などに適しています。
特にクマなど目の下の陥凹には効果が期待できます。

安全性は大丈夫ですか

PRP療法は外科などの潰瘍治療や歯科のインプラント治療など美容外科以外でも治療に利用され
自分自身の血液を使用するため、感染やアレルギーなどの心配もなく安心して治療が受けられます。
また、当院で使用するキットは日本製の全て滅菌された物を使用しますので品質と安全性の両面でご安心いただけます

副作用はありますか

安全性の高い治療ですが、注入直後は針跡の赤みと腫れがあり、数日~1週間くらい続くなどの副作用があります。
稀に灼熱感や内出血などが起きることもありますが、いずれも一時的な症状で時間の経過と共に治まりますのでご心配ありません。

神田美容外科形成外科医院

TEL.03-3257-0111(代)

■診療時間 平日10:00~18:00 土曜10:00~14:00
■休診 日曜・祝祭日

完全予約制にて診療を行っております。ご確認のうえ、ご来院下さい。

詳しいアクセスはこちら

ページ先頭へ